· 

説明書を作る

 カードと箱の入稿が終わって2週間経ちました。実はまだ説明書の入稿が残っています。

 頑張って作ったゲームが活きるかどうか、ルール次第、説明書次第でもあります。ミスが起こりやすい部分でもあります。去年は数字のミスを発見し、修正シールを貼っていく作業に追われてしまいました。今年は気を付けたい。

 

 今回の「トレンド・ザ・ブランチ」には、ショップカードを複数所有できるルールがあり、この点を巡って最後まで弟と意見が分かれました。意図したプレー感に近づけるため、所有できるカード枚数に上限を設けたほうがいいというのが僕の考え。弟は上限がない方がいいという考えです。これは好みの問題のようです。

 最終的に、2人でプレーするときのみ3枚までの上限を設けることに決めました。2人プレーの時は1人分の得点が多くなり、ショップも買いやすくなります。制限がないと、たくさんショップを買った方が勝てるという大味なゲームになりがちだからです。3人~4人プレーの時は4枚以上を買うことは困難でしょう。自然に調整ができると思います。

 

 弟が特にこだわったのは説明書の読みやすさです。随所に図とイラストを添えて、テキストの量を減らしました。背景色は、概要を緑、基本のルールを青、特殊なルールはオレンジ、バリアントルールはグレーというように色分けし、全体の構成も視覚的に把握しやすくしています。また、前作に続き全編ふりがなつきです。

 

 弟がボードゲーム制作をサッカーに例えてこんなことを言いました。システムを考案したりイラストを描いたりするのが「攻撃」だとすると、ルールの穴を見つけたり、説明書を校正する作業は「守備」なのだと。1年をかけた「トレンド・ザ・ブランチ」の制作ももはやアディショナル・タイムに突入し、最後の失点を防ぐために守備に奔走する10月です。

                                              滋